◇ネコちゃん◇ネコちゃんとの旅行

150413-1

今年のGWは5連休!! icon-heart
有給消化などで29日から休暇を取り、
8日間のお休みにされる方も多いのではないでしょうか。
ご家族で旅行に行かれる時、ネコちゃんはいつもどうされていますか?
ネコちゃんはご自宅でお留守番が一番良い!というのが一般的ですが、
長期の旅行になると孤独感に耐えられず帰ってきてから
かなりの甘えん坊になったりする事があります。
かと言ってペットホテルに預けるとかなりのストレスを感じたり、
友達の家に預けても馴染めずにずっと引きこもってしまったり・・・。

では、もしも車でのお出かけであれば
ネコちゃんも一緒に連れていくのはいかがでしょうか?
今週のテーマは『ネコちゃんとの旅行』。
旅行中にネコちゃんをどうするかはとっても悩みどころ。
そんな飼い主さんの為に、少しでも選択肢が広がればなと思います。

※この記事はネコちゃんとの旅行を推奨しているわけではありません。
ネコちゃんにより個人差(個体差)があります。
ネコちゃんの様子を見て飼い主さんの判断で旅行を行う様お願い致します。
また、この記事の実践により、ネコちゃんが脱走した等の
責任は負えませんので、予めご了承下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

●ネコちゃんと旅行に行く前に
いくら車で飼い主さんと一緒だからと言ってもいきなり長期で旅行してしまうと
ネコちゃんにとってはかなりのストレスになるはずです。
まずは事前に外に慣らしてあげましょう。
お散歩トレーニングを参考にして頂けるといいでしょう。
あまり外に慣れすぎると、いつも外に行きたがるようになってしまう事もあります。
キャリーで公園まで連れて行き、公園についたら出してあげるなど
少し工夫が必要かもしれません。
何度か連れて行ってあげると慣れてくれますが、
もしも慣れない場合は旅行を諦めたほうが良いかもしれません。
または車に何度か乗せてあげ、外よりも車に慣れさせる、という方法も有効です。
※ネコちゃんを外に連れて行くときは、必ずハーネスを着用させてください。

▼旅先でネコちゃんに会えるのも楽しみですよね icon-heart-o
150413-2

●ネコちゃんと旅行に行く際の持ち物
・トイレ、猫砂
必需品です。持ち込めるポータブルトイレを用意して
ビニルを敷いた上に置くのが良いでしょう。
砂はあまり多く入れるとこぼれる可能性があります。
また、新しい砂だけではなく自宅から匂いのついた砂を混ぜる事をオススメします。

・エサ、フードボール
いつも食べているご飯を用意してあげましょう。
計量してジップロックにつめて置くと与える時に楽になります。
ウェットフードは暑いと開封後痛んでしまう可能性があるので、
1回で全て与えるなど工夫をしましょう。
食欲がない時の為に、おやつやかつおぶしなどを持って行くのもいいでしょう。

・おもちゃ、ベッド
ネコちゃんが普段遊んでいるおもちゃやベッドがあると
自分のにおいでネコちゃんも安心します。

・ハーネス、キャリー、ポータブルケージ
車の外へ出るときは必ずハーネスをつけましょう。
人が多い所の場合はキャリーに入れてあげるとネコちゃんも安心します。
車内では自由にさせてあげてもいいですが、運転の邪魔をする危険もあります。
ポータブルケージでネコちゃんの空間を作ってあげるのがオススメです。
ケージによってはシートベルトで固定が行えることも用意されています。

・掃除道具
猫砂が飛び散ってしまった時、ネコちゃんの毛がシートについてしまった時など
簡単な掃除道具があると便利です。

・空のペットボトル
500mlが2~3本あると便利です。
ネコちゃんのお水を入れておきます。
休憩などでPAなどに寄った際、お水を入れておけると便利です。
※人間用のミネラルウォーターをネコちゃんに与えると、
ミネラルを過剰摂取してしまうので与えないで下さい。

・ゴミ袋
猫砂を処分したりする為、多めに用意しておくと便利です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

●ネコちゃんと旅行に行ってみる

実際にネコちゃんと旅行に行くことになったら・・・
当たり前ですがペットOKの観光名所や旅館・ホテルなどに
行くようにしましょう。
どうしても宿泊出来ない場合はネコちゃんの事を考え、車内泊にしてください。
ご飯を食べに行く時やペット禁止の観光名所に行く場合、
暑い日にネコちゃんをそのまま置いていってしまうと大変危険です。
車を必ず日陰に停め、断熱シートを貼る、
可能であれば凍らせたペットボトルを置いておく、
窓を少し開けるなど対策をしてください。
また、暑い日でなくてもこまめに水分を取らせるようにしましょう。
その他注意点としてドアの開け閉めの際はネコちゃんが飛び出したり、
しっぽなどが挟まれないように注意してください。

観光名所へ行く際は、子供が騒ぎながら寄ってきたり、
意外と人が多かったり、ワンちゃんもいることが予想されます。
なるべくキャリーに入れて連れて行ってあげましょう。

●ネコちゃんと旅行-メリット・デメリット
メリットとしては
一緒に連れて行きますので、ネコちゃんの心配をしなくても大丈夫です。
また一緒に行くことでネコちゃんとの思い出も増え、楽しい旅行になります。

デメリットとしては
かなり行動や場所が制限されてしまいます。
長時間ネコちゃんを車に置きっぱなしにすることは出来ません。
どうしても長時間で行きたい場合は交代で車に残ったりなどの
対応が必要になります。
また、宿泊も車内泊が増えることが想定されるので、
エコノミー諸侯群などに気をつける必要があります。
また場所や、車中の明りが漏れないようになどの近所への配慮が必要です。
ベッドや布団で寝るより疲れが取れにくいので、
慣れるまでは少し辛いかもしれません。

▼プール、入ろうかにゃ? icon-star
150413-3

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ネコちゃんと一緒に旅行すること、少し想像出来ましたでしょうか?
ネコちゃんの事を想うと、なるべくなら旅行に行かない方が良いのですが、
せっかくのお休みなので、たまにはお出かけしたいですよね。
メリットとデメリットを考えると、やはりデメリットの方が多いですが、
どうしてもご自宅に置いていけない場合、預けるのが難しい場合は
一緒に連れて行くこともひとつの選択肢となると思います。
少しでも悩んでいる方の参考になれば幸いです。

150413-4
来週のテーマは『お留守番について』です。
今週はネコちゃんと一緒に旅行に行くことについてご紹介しましたが、
来週はネコちゃんをお留守番させる時に気をつけたいこと、
サービスなどをご紹介します!!

※この記事はネコちゃんとの旅行を推奨しているわけではありません。
ネコちゃんにより個人差(個体差)があります。
ネコちゃんの様子を見て飼い主さんの判断で旅行を行う様お願い致します。
また、この記事の実践により、ネコちゃんが脱走した等の
責任は負えませんので、予めご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事2

  1. ハートのペット保険 ipet
    【CMロングバージョン】 ハートのペット保険 アイペット損害保険株式会社 https://ww…
  2. アクサダイレクト ペット保険
    アクサダイレクト ペット保険CM【突然の病気篇】 https://www.youtube.co…
  3. アニコム ペット保険
    アニコムのペット保険 https://www.youtube.com/watch?v=vcjAa6…
  4. ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険
    【ペット保険】ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険 https://www.…
  5. ペット保険 あうて
    【ペット保険】 TVCM │ あうて「旅立ち」篇 30秒 https://www.youtube.…

ペットフード紹介

おすすめ記事

  1. テキスト
    「“犬と暮らす”をもっと豊かに、もっと楽しく。」 を提案するライフスタイルマガジンONE BR…
  2. デンマークから届いたグリーンフィーダー!!
    まるで芝生の中に溢れた餌をかき分けて探し出すかのような新しい食事スタイルを提案するグリーンフィーダー…
  3. インコ展 セキセイインコ
    東急ハンズ池袋店で、1月8日より22日まで、今人気の「インコ」を中心とした「鳥」がテーマのクリエータ…

広告

ページ上部へ戻る