dog0017-018

よく「うちの子はお留守番が苦手なのよね・・・」という声を聞きます。

元々、ワンちゃんの祖先は群れで生活していたので
一人でいることは苦手なのです。
そういった習性を考えると、ワンちゃんにとって一人ぼっちの環境は
あまり好ましくありません・・・。

ですが、現代の人間社会において、家に必ず誰かがいるという状況も減ってきました。
どんなときでもワンちゃんといれる環境や状況は意外と少ないのです。

ここではワンちゃんのお留守番について触れて生きたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●ワンちゃんがお留守番を苦手な理由

上記にもあげたようにワンちゃんは群れで暮らしていたため
一人ぼっちが苦手です。

ただ、どうしてもワンちゃんを連れて行けない・・・
そんなときには、ワンちゃんを一人おいて出なくてはいけないときもあるでしょう。

中には上手にお留守番できる子もいますが
お留守番が苦手な子との差は何なのでしょうか。

最も大きな原因としてあげられるのが「飼い主さんへの依存」です。

家の中でも、姿が見えなくなると悲しげな声をあげたり
お風呂やトイレに一緒についてきたり・・・
普段から一緒に寝たり、常に飼い主さんにべったりな子に多い行動です。

こういった子は、精神的に不安定になりお留守番のときに吠えてしまったり
破壊行動を起こしたり、体調を崩してしまうこともあります。
それは、ワンちゃんにも飼い主さんにも負担になってしまいますよね。

ワンちゃんは飼い主さんのことが好きで一緒にいます。

勿論飼い主さんもそんなワンちゃんが好きで可愛くて離れられなくなります。

ワンちゃんを一人でい絵の中で過ごさせる時間が減り、ケージの中で過ごさなくなります。

ワンちゃんは飼い主さんがいないと不安になります。

飼い主さんはそんなワンちゃんを一人にするのが不安になります。

こうした、普段当たり前にしてしまうようなことが
逆にワンちゃんを不安にしてしまう場合もあります。

また犬種でいうと柴犬や日本で屋外飼育・番犬の役割を果たしていたワンちゃんがお留守番に強く
トイプードルのような小型の甘えんぼタイプのワンちゃんはお留守番に弱い子が多い傾向にあります。

このワンちゃんと飼い主さんとの依存がひどいと
「分離不安」と呼ばれるワンちゃんの精神的な病気になってしまいます。

chihuahua-453063_1280

◇分離不安とは・・・

ワンちゃんが特定の人から引き離されたときに生じる
不安が原因で起こる問題行動のことです。
・飼い主さんと一緒にいる時間が長い
・引越しで環境がかわった
・一緒に住んでいたペットが亡くなってしまった
などの要因で引き起こしやすくなる場合があります。

分離不安の主な行動は
・破壊行動
・大量のよだれ
・粗相
・徘徊
・自傷行為(手を舐め続けたり、シッポをかじったり)

できるなら、ワンちゃんにストレスや不安を与えずに
お留守番を少しでもできたらいいですよね。

まずワンちゃんにお留守番を好きになってもらうことから始めてみましょう。

ワンちゃんにはお留守番をする上で以下が大切です◎

*サークルやケージは楽しいところ!
*お留守番の時にはおいしいおやつがでてくる
*お留守番の合図を作らない
*お留守番のをしていても飼い主さんがきちんと帰ってくる
*普段から飼い主さんとの距離が程よく取れている

*サークルやケージは楽しい!

ケージは閉じ込めてしまい可哀想・・・と人間視点では思ってしまうものですが
ワンちゃんは狭いところを好む性質があるため、そこまで苦には思っていません。
また、サークルに入れておくことで自分の行動範囲が減り
テリトリーが限られてきます。
そうしたことで、よりストレスも軽減でき、お留守番時の誤飲なども防ぐことができるのです。

それでもフリーにしてしまう飼い主さんのほうが多いと思います。
(事実我が家もそうです。笑)

そこで、ケージに入ることを楽しい!とワンちゃんに思わせてあげることがお留守番への近道でもあります。

おやつを使い、ハウス・ケージ!などの掛け声で中に入ることを楽しく覚えさせましょう。

ワンちゃんがサークルに入ることに慣れてきたら・・・

短時間一人にします。

ワンワン吠えたら鳴き止むまで待ちましょう。

鳴き止んだタイミングで姿を表してごほうびをあげます。

「じっとおとなしくする=ごほうびがもらえる!」
と覚えさせてあげるトレーニングです。

ワンちゃんが一人になれてきたら一人にする時間を徐々にのばしていきましょう。

一人にする時間やごほうびの与え方でワンちゃんの留守番耐性が強化され記憶の中にもとどめやすくなります。

dog-714863_1280

*お留守番の時にはおいしいおやつがでてくる

お留守番のときにはおやつやおもちゃを用意してあげましょう。
コングなどのおもちゃを使うと
頭を使って中のおやつを食べようとワンちゃんががんばるので
食べ終わる頃には疲れて眠ってしまう子が多いようです◎

長時間にわたって遊べるおもちゃだとよいですね!

*お留守番の合図を作らない

お留守番のときにワンちゃんに声をかける飼い主さんが多いと思います。
「いってくるね!」何気ないその言葉がワンちゃんにとってのお留守番のはじまりの合図になってしまっているのです・・・。

不安になってソワソワしだしちゃうワンちゃんも・・・。

なのでワンちゃんにはお留守番の合図を作らずに
しれーっと出て行くように心がけましょう。

ただ、敏感なワンちゃんは上着を着たり、鍵の音でも勘付いてしまう子もいます。

そういった場合は普段から鍵の音をならしたり
上着を着てはそのままリビングにいて、脱いだり・・・

動作や音がおでかけの合図にならないように慣れさせてあげましょう。

*お留守番のをしていても飼い主さんがきちんと帰ってくる

最初のお留守番の練習は短時間のお留守番から始めましょう。

最初から6時間以上のお留守番をさせてしまうと
もう飼い主さんが帰ってこないのではないか・・・とワンちゃんは不安でいっぱいになってしまいます。

短い時間から、ドアから出ては戻る。
何度も行うことによって、ワンちゃんは飼い主さんは必ず戻ってきてくれるんだ!と理解します。

そこから徐々に時間をのばしていき
少しずつお留守番に慣れさせていきましょう◎

*普段から飼い主さんとの距離が程よく取れている

お留守番のトレーニングはメリハリが大切になってきます。

まずはおうちに一緒にいるときから
落ち着いてハウスに入っている時間を作って一人でもゆったりできる時間を作ってあげましょう。

勿論フリーにする時間も作り
ハウスに入る時間も作る
それによって飼い主さんに甘えていたワンちゃんも自立心が芽生えてきます。

勿論ワンちゃんの習性を理解することも大切ですが
ワンちゃんのためにも、人間のルールを理解してもらうことも大切です。

○お留守番においての注意点

・もしも、長時間のお留守番になってしまう場合、必ずお水とトイレ、ハウスやベッドは必ず準備しましょう。
そして、ケージではなくサークルを用意してあげましょう。
ワンちゃんの習性として狭いところが好きとは言え、長時間身動きがとれない環境はワンちゃんにとってストレスになってしまいます。

・ワンちゃんは過去の出来事といま叱られている罰の因果関係を結びつけることができません。
例えばお留守番中にモノを壊してしまい、帰宅後にワンちゃんを叱っても
破壊行動に対しての罰だとは思えないのです。
間違った叱り方をしてしまうと飼い主さんの存在と罰を結び付けてしまい、飼い主の存在を怖がるようになってしまう恐れもあります。
根気づよくトレーニングをして、できた直後に褒める。
できなかった直後に叱る。ということを頭にいれておきましょう。

terrier-487963_1280

●長期の留守番

長期で家を空けなくてはいけない場合
ワンちゃんを連れていけないときがもしかしたらあるかもしれません…
そういった場合は

・知人、友人に頼む
・ペットホテルに預ける
・ペットシッターさんに頼む

が代表的にあげられます。

知人、友人に頼めると一番安心感もありますが
なかなかペット可の家に住んでいる方も少ないかもしれません…。

家にあがってもらうのも気が引けてしまう方には
ペットホテルがオススメです。
ただペットホテルはワンちゃんにとって環境が変わってしまうので
体調を崩してしまったりするワンちゃんも少なくないようです…。

その分ペットシッターさんは家にあがってもらうことにはなりますが
環境が変わらずにワンちゃんのお世話をしてもらえます。

どの手段もメリット、デメリットがついてきます。
この機会に、そういった場合はどうするか改めて考えてみるのもよいですね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

決してお留守番を推奨するわけではありませんが
万が一に備えてのトレーニングは必要になってきます。

ただ長時間の孤独や、かまってあげないことがトレーニングやワンちゃんのためにはなりません。

一緒にいれるときは沢山遊んで、可愛がってあげましょう。

そしてメリハリをつけてワンちゃんとの良い関係を築けていけるのが
理想的といえるでしょう◎

次回は「おでかけオススメスポット」の紹介です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事2

  1. ハートのペット保険 ipet
    【CMロングバージョン】 ハートのペット保険 アイペット損害保険株式会社 https://ww…
  2. アクサダイレクト ペット保険
    アクサダイレクト ペット保険CM【突然の病気篇】 https://www.youtube.co…
  3. アニコム ペット保険
    アニコムのペット保険 https://www.youtube.com/watch?v=vcjAa6…
  4. ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険
    【ペット保険】ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険 https://www.…
  5. ペット保険 あうて
    【ペット保険】 TVCM │ あうて「旅立ち」篇 30秒 https://www.youtube.…

ペットフード紹介

おすすめ記事

  1. テキスト
    「“犬と暮らす”をもっと豊かに、もっと楽しく。」 を提案するライフスタイルマガジンONE BR…
  2. デンマークから届いたグリーンフィーダー!!
    まるで芝生の中に溢れた餌をかき分けて探し出すかのような新しい食事スタイルを提案するグリーンフィーダー…
  3. インコ展 セキセイインコ
    東急ハンズ池袋店で、1月8日より22日まで、今人気の「インコ」を中心とした「鳥」がテーマのクリエータ…

広告

ページ上部へ戻る