イヌを飼うための費用②

bulldog-601714_1280

icon-arrow-left  イヌを飼うための費用①

前記事に引き続き、ワンちゃんを飼うために必要なものや、かかる費用を紹介していきます。

icon-star トイレ

お散歩のときによくトイレを済ませるワンちゃんもいますが
原則室内で飼っているワンちゃんはきちんとトイレを準備してあげましょう。

そしてもしも外でトイレを催してしまった場合も
きちんと片付け、綺麗にすることが飼い主さんとしてのマナーです。

室内トイレには、トイレシートとトイレ用のトレーが多く利用されています。

◇トイレシート

・薄型ペットシート

吸収力は多少劣り、足元が汚れる可能性は高まりますが
かさばりにくいので、収納場所をとりません。
価格も安いため、1回ほどで使い捨てのタイプが多く、長時間の使用には向いていません。

・厚型ペットシート

吸収力に優れているため、足元も汚れにくいですが、
厚さがあるため、多少かさばります。
値段も薄型に比べると上がりますが、繰り返し使用できるため長時間の使用にむいています。

◇トイレトレー

トイレシーツを固定するためのトレーになります。

ワンちゃんの大きさに合わせて、トレーを選んであげましょう。
販売されているペットシーツはおおむねトレーの規格に合わせて作られているものが多いようです。

トレーにも種類があり、一般的なフレーム型のタイプや
足をあげて用を足す仔に向いている折りたたみ式。
まだトイレに慣れていない子犬のトレーニング用に作られたトレーニングトレーなどがあります。

◇オムツ

ペット用のオムツは、歳をとり、自力で排泄することができなくなってしまったワンちゃんや、病気のワンちゃん、マーキング癖がひどいワンちゃんなどに使用します。

【トイレの費用目安】

・ペットシーツ
1000~3000円

・ペットトレー
1000~4000円

・オムツ
1000~1700円

icon-star-o おもちゃ

おもちゃは忘れられがちですがとても重要なグッズです。

ワンちゃんにとっておもちゃで遊ぶことによって
精神的な巣tレスの発散になったり
子犬であればそこから学び取ることも多くあります。

飼い主さんが一日中遊んであげたいところですが
実際はそうもいきませんもんね・・・。

最近では様々な種類のおもちゃがでてきています。

・ぬいぐるみ
・ゴム製のおもちゃ
・ロープ
・木製のおもちゃ
・ボール、フリスビー

など

それぞれのおもちゃに特性があり
勿論ワンちゃんの好き嫌いもあります。

買っても全然遊んでくれない場合もあります・・・笑

でもめげずに、またお気に入りになるようなおもちゃを見つけてあげれるようにしましょう。

icon-star ケア用品

人間と同様ワンちゃんにもケアが必要です。

ワンちゃんの被毛を整える際に必要になるアイテムです。
ワンちゃんにはそれぞれ毛の種類が分かれており
それぞれの毛質にあったブラシを選択することでよりグルーミング効果を高めることができます。

◇犬用ブラシ

ワンちゃん用のブラシでも様々な種類があります・

・ピンブラシ
主に長毛種のワンちゃんのブラッシングに使用されます。
長時間使用しても疲れない軽さです。

・スリッカーブラシ
毛のもつれや抜け毛を取るときに使用します。
ワイヤー犬種やダブルコートの長毛種のワンちゃんに使用されます。

・獣毛ブラシ
いのししやブタの毛からできているマッサージ効果に優れているブラシです。
ワイヤー犬種や短毛種、毛質の柔らかいのワンちゃんに使用されます。

・ラバーブラシ
ゴム製のブラシで、換毛期の抜け毛除毛に優れています。
マッサージ効果も期待できます。

・コーム
目が粗い部分と細かい部分に分かれており、被毛の最終的な仕上げなどに多く使用されています。

【ブラシの費用目安】

700~3000円ほど

◇爪ケア

ワンちゃんの爪は放置しておくと弧を描くように伸び続けていき
散歩などで爪が自然と削れているワンちゃんは大丈夫ですが
運動量の少ないワンちゃんや、加齢や病気などで運動できないワンちゃんは定期的につめを切ってあげることが必要です。

◇耳・歯ケア

ワンちゃんの耳は不衛生のまま放置してしまうと
悪臭・過剰な耳垢での炎症、化膿などの恐れがあります。
脱脂綿にイヤーローションを染み込ませてふき取ったり
綿棒などで注意しながらお掃除をしてあげるようにしましょう。

ワンちゃんの歯は人間と違い虫歯ができにくいといわれています。
ですが、決して虫歯にならないわけではありません。
ケアを怠ると歯周病にもなりますので、できれば毎日
最低でも一週間に一度は歯磨きをしたいところです。
歯磨き用のおもちゃを利用したり
歯磨き用の歯ブラシやガーゼなどで磨いてあげましょう。

【耳・歯ケア用品費用目安】

イヤーローション
1000~3000円

歯磨き用おもちゃ
700~2000円

歯磨きブラシ
500~1000円

◇ボディケア

ボディケアの一つとして
ワンちゃんにとってノミやダニは大敵です。
脱毛やかゆみの原因になり、引っかき傷や炎症になってしまいます。
ノミよけの首輪やダニよけのシート、首もとにたらす薬用のノミダニのお薬などが代表的なようです。

また欠かしてはならないお風呂です。
シャンプーやリンスは必ず犬用のものを準備し使用しましょう。
人間とワンちゃんでは肌のpH値が異なるので
肌に合っていないものを使用するとフケやかゆみの原因となります。
また毎日お風呂に入れなくても体をふき取ることのできるシャンプータオルも販売しています。

忘れられがちですが
ワンちゃんの足の裏、「肉球」のケア用品もあるのです。
硬いアスファルトの上を頻繁に歩いているワンちゃんたちは
肉球に刺激が加わり徐々に硬くなっていきます。
硬くなりすぎてしまうとひび割れや、フローリングの上などで滑りやすくなってしまいます。
それを緩和するためにも肉球のケア用品としてクリームなどが販売されています。

【ボディケア用品費用目安】

ノミ・ダニ対策
600~2000円

シャンプーリンス
700~2000円

シャンプータオル
500円ほど

肉球クリーム
800~2000円

◇首輪

最近ではつけることが義務付けられている首輪
リードだけではなく、迷子札をつける際にも必要です。

室内で飼っているワンちゃんは特に着用していないワンちゃんもいるかとおもいます。

ただ、いざとなったときに首輪もなくて迷子札もない・・・!
という状況を避けるためにも
普段から首輪、迷子札は着用するようにしましょう。

普段からつけなれていないと、つけること自体がストレスになってしまう場合もあります。

今では首輪も迷子札もオーダーメイドのものも出たり
種類も豊富なので
お気に入りを見つけて、ワンちゃんにつけてあげましょう。

ザーッと紹介していきましたが
勿論これ以外にもワンちゃんによって必要なものはあると思います。

気づいたらその都度追加していけるとよいですね◎

ワンちゃんの大きさにもよって様々な料金も変わっていきますので
吟味して購入していきましょう。

安くてもすぐだめになってしまうもの。
お金をかけて長く使えるもの。
状況やモノに応じて使い分けれるとよいですね!

次の記事は「イヌを飼う環境」について紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事2

  1. ハートのペット保険 ipet
    【CMロングバージョン】 ハートのペット保険 アイペット損害保険株式会社 https://ww…
  2. アクサダイレクト ペット保険
    アクサダイレクト ペット保険CM【突然の病気篇】 https://www.youtube.co…
  3. アニコム ペット保険
    アニコムのペット保険 https://www.youtube.com/watch?v=vcjAa6…
  4. ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険
    【ペット保険】ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険 https://www.…
  5. ペット保険 あうて
    【ペット保険】 TVCM │ あうて「旅立ち」篇 30秒 https://www.youtube.…

ペットフード紹介

おすすめ記事

  1. テキスト
    「“犬と暮らす”をもっと豊かに、もっと楽しく。」 を提案するライフスタイルマガジンONE BR…
  2. デンマークから届いたグリーンフィーダー!!
    まるで芝生の中に溢れた餌をかき分けて探し出すかのような新しい食事スタイルを提案するグリーンフィーダー…
  3. インコ展 セキセイインコ
    東急ハンズ池袋店で、1月8日より22日まで、今人気の「インコ」を中心とした「鳥」がテーマのクリエータ…

広告

ページ上部へ戻る