◇ネコちゃん◇避難所での生活

150330-1

3月のテーマ「防災」、
最終週は「避難所での生活について」をご紹介します。
起こって欲しくはないですが、もしもご自宅が被災してしまい、
避難所での生活を余儀なくされてしまったら・・・
避難所ではどんなルールがあるのでしょうか?
何に気をつけたらいいのでしょうか?

icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle

●避難所での生活の心構え

もしも避難所で生活を行うことになったら・・・
現実には起きてほしくないことですが、
被災してしまった際には大いに考えられる事項です。
“避難所で生活をするということ”は
そこに来ている人が”みんな被災者である”という事を
決して忘れないで下さい。
被害の状況は人により異なるかもしれませんが、
“避難所で生活する”事は誰でも不安であり、ストレスの溜まる状況です。
中には”動物が大嫌い”という人も勿論居るでしょう。

ペットと一緒に避難する方は特に気遣いが必要とされます。
1人が迷惑をかけると、
避難所に居るペットと一緒に避難してきた被災者みんなの迷惑となり、
「ペット連れの人」というひとつ括りとされてしまうからです。
『みんなうちの子を可愛いと思っている』、
『うちの子は可愛いから許される』という甘えが
ペット連れの被災者みんなに迷惑をかける事となるのです。
“ペットを連れさせて貰っている”という謙虚な気持ちを
いつも忘れないようにしてください。

特に避難所では一日でも早くもとの生活に戻る事を目的とし、
自主的に運営する場所とされています。
ペットを同行してきた人同士で率先して運営委員会を作る必要があります。
周りの人とよく話し合い、協力してペットを守るため、
自主的な行動を起こすようにしましょう。

150330-2

●避難所でのルール

実際にある自治体の避難所でのルールをご紹介します。

・避難所運営委員会の指示には、必ず従ってください。
→避難所では沢山の人が共同生活を行います。
例えネコちゃんにとって少し厳しいものだとしても、
必ずルールを守るようにしましょう。

・ペットは、指定された場所に必ずつなぐか、檻の中で飼ってください。
→大抵の場合はグランドの隅などの野外になり、
室内で一緒に避難するというケースは考えにくいです。
そういうったルールを無視して室内に連れ込んでしまうと、
沢山の方に迷惑をかけてしまいます。

・飼育場所や施設は、飼い主の手によって常に清潔にし、
必要に応じて消毒を行ってください。

・屋外の指定された場所で排泄させ、後始末をきちんと行ってください。
→当たり前ですが掃除などは飼い主同士で協力し合う事が義務付けられます。

給餌は時間を決めて、その都度片付けてください。
→日常生活から餌の時間を決めて行う事が大切です。

・必要なワクチンを接種してください。
・迷子札等の装着をしてください。
→日頃の備えが大切となります。

・ペットへの苦情、他の避難者等への危害防止に努めてください。
・飼育困難となった場合でも捨てたりせず、動物救護センター等に相談してください。
・他の避難者との間でトラブルが生じた場合は、速やかに避難所運営委員会まで
届け出てください。

→なるべくトラブルを起こさない様、お互いがお互いを気遣う必要があります。
慣れない環境でネコちゃん達もストレスが溜まったり、気性が荒くなったりします。
普段は大人しいネコちゃんでも凶暴化したり、逃走する恐れがありますので、
決して目を離さないようにしましょう。

150330-3

●ネコちゃんを落着かせる方法

避難所に着いたら、ネコちゃんは常に狭いケージの中で
生活をする事になります。
そして見知らぬネコちゃんワンちゃんと共に生活を送ることになるので
ストレスもかかることとなるでしょう。
少しでもストレスを緩和させる為に、普段からネコちゃんがお気に入りのものを
ケージの中に入れておくと良いでしょう。
タオルやベッド、おもちゃなどを入れておくだけで気持ちが和らぎます。

またダンボールや布などを用いて、周りを見えなくしてあげるだけで変わってきます。
パーソナルスペースを作ってあげると、ネコちゃんは落着き、安心します。
トイレや食事の世話も飼い主だけがネコちゃんの視界に入るように工夫をすると
よりネコちゃんも安心してくれるでしょう。

icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle

●避難グッズチェックリスト
ここでは最低限用意しておいたほうがいいものをご紹介します。
支援物資が到着するまでの期間=最低でも3日分は用意しておきましょう。

○人間用
<衣類>

・軍手
・ヘルメットなど頭を守るもの
・防寒着などの羽織るもの
・下着
・毛布
<飲料水・食料品>
・飲料水
・缶詰
・インスタント食品
・お菓子など
<日用品>
・ラジオ
・救急セット
・マッチ、ライター
・ティッシュ
・懐中電灯
・ナイフ
・缶きり
・電池
・生理用品

○ネコ用
・ネコ砂
・ペットシーツ
・ポータブルトイレ
・ポータブルケージ
・毛布、バスタオル
・ゴミ袋、ガムテープ
・食器
・フード、お水(※)
・ねこじゃらし、クシ
・エリザベスカラー
・首輪やリード、ハーネス
・ネコちゃんの健康手帳やネコちゃんの写真

※人間用のミネラルウォーターはネコちゃんにとってミネラルを摂取しすぎてしまう為
ワンちゃんネコちゃん用の非常用保存水があった方が良いでしょう。

icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle   icon-exclamation-circle

避難所で見知らぬ人との生活は私達人間にとっても辛いものですが、
ネコちゃんにとってはもっと辛くストレスの溜まるものとなります。
周りの人に配慮しながら、周りのワンちゃんネコちゃん
(もしかしたら鳥やハムスターなどの小動物さんもいるかもしれません)
にも同じように配慮が必要です。
ご自身やご自分の飼っているネコちゃんだけではなく、
避難所にいらっしゃる皆さんのストレスが少しでも軽減するよう
努めていきましょう。
繰り返しになりますが、ネコちゃんには飼い主さんしかいないのです。
万が一に備え、少しずつ準備を行っていきましょう。

150330-4

【調べる】4月のテーマは「ペットとお出かけ」です。
暖かくなってきたのでそろそろ一緒にお出かけしたいですよね!
1週目の来週は「散歩」についてご紹介します♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事2

  1. ハートのペット保険 ipet
    【CMロングバージョン】 ハートのペット保険 アイペット損害保険株式会社 https://ww…
  2. アクサダイレクト ペット保険
    アクサダイレクト ペット保険CM【突然の病気篇】 https://www.youtube.co…
  3. アニコム ペット保険
    アニコムのペット保険 https://www.youtube.com/watch?v=vcjAa6…
  4. ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険
    【ペット保険】ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険 https://www.…
  5. ペット保険 あうて
    【ペット保険】 TVCM │ あうて「旅立ち」篇 30秒 https://www.youtube.…

ペットフード紹介

おすすめ記事

  1. テキスト
    「“犬と暮らす”をもっと豊かに、もっと楽しく。」 を提案するライフスタイルマガジンONE BR…
  2. デンマークから届いたグリーンフィーダー!!
    まるで芝生の中に溢れた餌をかき分けて探し出すかのような新しい食事スタイルを提案するグリーンフィーダー…
  3. インコ展 セキセイインコ
    東急ハンズ池袋店で、1月8日より22日まで、今人気の「インコ」を中心とした「鳥」がテーマのクリエータ…

広告

ページ上部へ戻る