【ネコちゃん】ネコの一生を知ろう

150310-1

ネコちゃんを飼うには・・・・・

ネコちゃんが飼いたいと思ったら、まず何を調べればいいでしょうか。
生き物を飼うという事は、物を買うという事大きく異なります。
ネコちゃん達にも感情があり、意思を持って行動します。
ネコちゃんがケガをしたら「痛い」と感じますし、
病気をしたら「つらい」と感じます。
反対に楽しければ「楽しい!嬉しい!」といった感情も私達に現してくれます。
もしかしたらネコちゃんに「この家にこれて幸せ icon-star 」と思って貰えるかもしれません。

人間と同様、ペットも高齢化しており
20年生きるネコちゃんも今では珍しくありません。
20年後もきちんとお世話が出来ますか?
今はネコカフェに行けば、ネコちゃんと遊べる時代。
ネコちゃんを幸せにする自信がない方、まだ迷っている方は
「飼わない」という選択肢もネコちゃんの為には大切な選択肢です。

下にネコちゃんのおよそ20年間の人生(にゃんせい?)を簡単にまとめました
飼う前に一度目を通してみて、もう一度よく考えてみてください。

150310-2

【幼猫期】
0歳 体重約100g前後
この時期は1日中眠っています。目も耳も開いていません。
母ネコが排泄させてくれます。

1週間 体重約200g前後
目と耳が開き始めます。母ネコから離れません。

2週間 体重約250g前後
目が見えるようになります。よたよたと歩き始めます。

3週間 体重約350g前後
歯が生え、自分で排便が出来るようになります。
この頃から離乳食を与え始めます。
爪の出し入れが出来るようになり、兄弟で遊ぶ事で甘噛みや手加減を覚えます。

1ヶ月 体重約450g前後
ゴロゴロと喉を鳴らしたり感情が出てきます。
トイレのしつけが始められるのがこの頃です。

2ヶ月 体重約1kg前後
乳歯が生え揃います。この頃に社会性や狩りの仕方などを教わります。
最初のワクチン接種を受けると良いでしょう。

3ヶ月 体重約1.5kg前後
良く走り、良く遊びます。
トイレなどのしつけを完了し、シャンプーやブラッシングをしてあげましょう。
里親に出すならばこの時期がベストです。
2回目のワクチンの接種を受けます。(以降1年に1回)

6ヶ月 体重約2.5kg前後
乳歯が抜けて永久歯が生え揃います。よく遊びます。
6ヶ月を過ぎると去勢・避妊を受けさせることができます。
繁殖を考えない場合は病気予防の為にも早めに手術させましょう。
手術を受けた後は成猫用のフードを与えます。

9ヶ月 体重約3.5kg前後
7~9ヶ月頃に始めて発情期が訪れます。
この頃までに手術を行っておくと、良いでしょう。

 

 

150310-3

【成猫期】
1歳 体重約4kg前後
成猫となり、幼猫用よりカロリーの少ない成猫用フードを与え始めます。
この頃から妊娠・出産が出来るようになります。

1歳半
一人前のネコちゃんとなります。

2~3歳
発情期が盛んになり、ケンカも多くなります。
ケガや感染症に注意が必要です。
ノルウェイジャンフォレストキャットやメインクーンなどの大型のネコちゃんは
成長がゆっくりな為、この頃にやっと成猫となります。

4歳
毛艶も良く全盛期で活発に行動します。ネコとしての貫禄が出てきはじめます。

5歳
運動能力が次第に低下し始めます。歯が丸くなり始めます。
口周りに白いヒゲが生え始めます。
若々しく活発だったネコちゃんから、少し落ち着いた大人のネコちゃんになります。

6歳
この頃からあまり運動しなくなり、肥満が増え始めます。
白髪が増え始め、毛色が薄くなってきます。
この頃から泌尿器系の病気や腎不全に注意が必要です。

 

 

150310-4

【高齢猫】
7歳
寝てる時間が増え始めます。
老猫(シニア)用フードに切り替えてあげます。

8歳
寝てばかりいたり、歯が抜けてしまったり、体の衰えが目に見え始めます。

9~10歳
1日を寝て過ごすことが多くなってきます。
また歯が抜けはじめ、毛艶がなくなってきます。
ネコちゃん特有のすばやくしなやかな動きが出来なくなってきます。
また病気にかかりやすくなってくるのもこの頃からです。

11~12歳
お家にいるときはなるべく構ってあげましょう。
運動不足にならないように適度な運動をさせてあげます。
食事量も減り始めるので数回に分け始めます。

13~15歳
白内障などが出てきます。
起きたり動くのがだるそうになってきます。

16歳
起きて来る事が少なくなります。
足腰が弱くなり神経も弱くなります。
エサを催促したり、トイレを失敗するなどボケの症状が出始めます。

 

 

150310-5

【長寿猫】
17歳~
17歳は人間の84歳に値します。
ここまで生きればかなりの長寿ネコちゃん。
1日1日を大切に過ごしてあげて下さい。

 

 

動物を飼うということは楽しい、可愛いことだけではありません。
引っ掻かれたり、ネコちゃんの機嫌が悪くて嫌だと思うこともあります。
病気になってしまって可哀想、治療費をまかなうのが大変など、
プラスの感情もマイナスの感情もそれぞれ沢山出てきます。
これからネコちゃんを飼う方は、それら全てを抱えて
20年間ネコちゃんの面倒を見てあげてください。
そして、ネコちゃんを幸せにする自信がない方、まだ迷っている方は
不幸なネコちゃんを増やさない為に、
「飼わない」という選択肢も大切な選択肢だという事を忘れないで下さい。

 

次の記事へ
icon-arrow-right ネコを飼う為の費用について①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事2

  1. ハートのペット保険 ipet
    【CMロングバージョン】 ハートのペット保険 アイペット損害保険株式会社 https://ww…
  2. アクサダイレクト ペット保険
    アクサダイレクト ペット保険CM【突然の病気篇】 https://www.youtube.co…
  3. アニコム ペット保険
    アニコムのペット保険 https://www.youtube.com/watch?v=vcjAa6…
  4. ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険
    【ペット保険】ペットメディカルサポート株式会社 ペットサポートのPS保険 https://www.…
  5. ペット保険 あうて
    【ペット保険】 TVCM │ あうて「旅立ち」篇 30秒 https://www.youtube.…

ペットフード紹介

おすすめ記事

  1. テキスト
    「“犬と暮らす”をもっと豊かに、もっと楽しく。」 を提案するライフスタイルマガジンONE BR…
  2. デンマークから届いたグリーンフィーダー!!
    まるで芝生の中に溢れた餌をかき分けて探し出すかのような新しい食事スタイルを提案するグリーンフィーダー…
  3. インコ展 セキセイインコ
    東急ハンズ池袋店で、1月8日より22日まで、今人気の「インコ」を中心とした「鳥」がテーマのクリエータ…

広告

ページ上部へ戻る